ネモフィラ

春の花壇を彩る花の一つにネモフィラがあります。

ネモフィラはハゼリソウ科の一年草で、秋に種をまき春に花を咲かせます。花は直径3センチほどの小さな花で丈は30cmほど、色は青空のようなブルー、白、濃紫などがあります。原産地は北アメリカで、カリフォルニアの森林に自生しているそうです。

秋に花壇や植木鉢いっぱいに種をまくと、春に一斉に花をさかせますが、とても可愛らしく私の大好きな花の一つです。

ネモフィラは見た目は繊細でかわいらしいのですが、とても丈夫で育てやすい植物です。植え替えをすると根を傷つけてしまうので、直まきにします。葉っぱは細長く、春にはアブラムシが着きやすいので、気をつけます。植木鉢に植える時、寄せ植えにしてもかわいさが引き立ちます。 

メインの花のまわりに取り巻くように咲かせるとお互いを引き立ててすてきです。花を咲かせる期間は短いですが、種からまいて育てると芽を出して育っていく楽しみが味わえます。冬の庭は花が少なく寂しいのです。あんまり庭仕事ができないとき、やはりフジテレビ の昼ドラでしょう。昼ドラをみながら、次の楽しみのために準備をするのです。いろいろ計画して作業を進めると、春にはいろんな花が咲く庭になります。

また、お花いっぱいなお庭でワイヤレステレビで昼ドラを見るのがすきですね。だからガーデニングはやめられません。



Copyright © 主婦でも熱血ガーデナー All right reserved.